無料パチスロゲームはお金がかからないって本当?

あさがお

無料パチスロゲームというのは基本プレイ無料と謳っているサイトがほとんどです。ですので一回プレイしただけではお金はかかりません。

ですがせっかく無料パチスロゲームのサイトに登録したのでちょっと遊びたい!とおもう気持ちになるとお金がかかってしまうケースもあります。

例えばモバゲーでは基本的に無料パチスロゲームで遊ぶ場合は、モバドルというパチスロゲームで遊ぶためのコインみたいなものが必要となるのですが、この範囲内で遊ぶのであればお金はかかりません。

しかしパチスロを打っている時に熱くなって追加投資をしたいとなると、このモバドルを獲得する為にアイテムを買う行為が出てきます。

そうなると自然とお金はかかってしまいます。しかしパチスロを打っていて出玉を獲得すると自然とこのモバドルは増えていきますので、そこまで心配する必要もないかもしれません。

アイテムでお金がかかる場合がある

続いて「アイテム」でお金が発生する時があります。ずっと無料パチスロゲームを楽しんでいるとどうしても満足できなくなってくるものです。

そこでアイテムの登場です。アイテムというのはそれぞれの役割があり、たとえば代表的なアイテムといえば「設定変更券」などがあります。

まさにそのままで設定を変更できるというもの。このようにアイテムで誘惑されそうになりやすいので、購入の際は気をつけるといいでしょう。

殆どの無料パチスロゲームのサイトはこのような感じになっているので、無料で遊べることは確かですがお金をかけるかどうかは貴方次第という所でしょうか。

サイトについては様々ありますので、色々とチェックしてみてもいいとおもいます。以下のサイトで色々特集していますのでご参考に。

無料パチスロゲーム&アプリ【無料サイト一覧】

この投稿は2015年8月3日に公開されました。

老人でもはまるパチスロやパチンコ

花

パチンコ店内を見回してみると、老人が多いことに気付きます。パチスロは遊び方が簡単ですので、老人でもはまりやすいのです。

しかしさすがにゲーム性が複雑なAT機などには打っている人は少ないですが、ジャグラーなど簡単な機種は良く打たれているご老人が多いです。

老人が暇つぶしをしたいと思っても就職先が無く、今更テレビゲームやパソコンを始めるには難しい、と尻込みしてしまいがちです。

老眼で本を読みづらくなり家の仕事を行ってもすぐに終わる、そんな老人にとってパチスロやパチンコはとても遊びやすい遊興なのです。

遊び方が分からなくとも、老人友達が教えてくれたり、お店の人に尋ねればすぐに教えてくれます。また老人は、人間同士の繋がりを求める傾向にもあります。

年を取り寂しい、けれども他の人は構ってくれない、パチンコ店に赴くと他の人が長時間座っていますし、音楽で賑やかさも感じられ寂しさが紛れます。

パチンコ店で老人同士の友達を作ることも可能。パチスロ、パチンコは現代人の寂しさや虚しさを忘れさせてくれるとっておきの遊興施設。

パチンコで負けてしまう日もあるでしょうが、すぐにまた翌日遊びたくなってしまう魅力があります。

この投稿は2015年7月26日に公開されました。

パチスロで勝つ確率を上げよう

チェリー

普通に打っても勝てないのがパチスロですが、それでも行ってしまうのがパチスロの魅力です。

私は今までは何も考えないでパチスロを打って負けていたのですが、いろんな事に注意するようになってから負ける確率が減りましたのでお教えします。

最も良い方法はパチンコ屋の会員になるという方法です。多くのパチンコ屋では会員の募集を行っています。

会員になれば、メールやダイレクトメールで新装開店の情報、ちょっとした出玉を多く出すようなニュアンスのお知らせが来る事があります。

昨今の法律改正により出玉多く出すようなイベントや広告をパチンコ屋は出せなくなったのですが、それでも新装開店など何となくラッキーな日だと分かるようなお知らせを会員には届けてくれるのでオススメです。

それから、土日や祝日にはパチンコに行かないという方法です。何もしなくても客が沢山入ってくる休日は回収日に割り当てられて、出玉が出にくい傾向があります。

もちろん店舗によって土日は出しているなどありますので、これについては土日にいきつけのパチンコ店へ行き出玉をチェックしておくといいでしょう。

些細な事ですが、情報を多く収集して自分なりのルールを作ってパチスロに望めば負ける可能性は大いに減ります。

この投稿は2015年7月20日に公開されました。

時間潰しに丁度良いパチスロ

腕時計

パチスロやパチンコは暇潰しにも丁度良いのです。例えば待ち合わせや、仕事の前に時間が余ると立ち寄って時間を潰せます。

パチンコ店は、見回してみると至る場所にて営業されています。都会のど真中には勿論、地方であってもパチンコ店は営業されています。

パチスロは時間潰しに最適であり、どきどきとスリルが得られますし、タバコも吸うことができ、自動販売機で缶コーヒーを買って飲みながらゆっくりと打つことができます。

何もせずにぼうっとしているのが苦手な人でも、パチスロならば臨場感を感じながらも時を過ごせます。

パチスロで気軽に遊んでみよう

心配なのが軍資金となる訳ですが、最近は低貸しなど気軽に楽しめるパチスロも多くなってきており、お金を気にしてしまう人でも気軽に遊べます。

パチスロは上手く行けば大金を儲けることも可能。ふらりとなんとなく立ち寄ったパチンコ店で、大勝ちをしてしまった、なんて経験をしたことがある人も多いと思われます。

たったの30分~1時間からでも遊べますし、それだけでなく長ければ数時間以上も滞在し続けることができるパチスロ。

自分の都合で遊ぶ時間を調節できるために、自由がききます。

この投稿は2015年7月19日に公開されました。

パチスロは勝てるのか?

私は、パチンコに関しては中学生からやっていましたが…パチスロを始めたのは27歳の時に会社の先輩に勧められてからでした。

当時は4号機の全盛で、北斗と押す番がしのぎを削っていました。私は主に北斗の拳を打っていたのですが、当然のごとく初心者の私に勝てる台でもなく、連敗、連敗でした。

というか、パチスロで連勝した記憶はあまりなく、連敗したことの方が遥かに多いような気がします。でも、なんで打ってしまうのかと考えるとそれは、一番にはただ単純にパチスロは楽しいということに尽きるのではないでしょうか?

勝った時の喜びが大きい

では、何故楽しいのか?その理由の一つとしては負ける時があり、その負けた時の悔しさが勝った時の喜びを倍増させているんじゃないかと思うのです。

矛盾しているようですが、もし打つたびに勝っていたら次第に飽きてしまい、他の遊びへと流れていってしまうと思うのですが、負けるからこそ立ち回りを考えたり、ゾーン狙いをしてみたり、負けないように考えて、それがハマった時に満足感を感じられるんだと思うのです。

ハマりすぎは危ない遊びですが、自己責任で生活基盤を守った上でのパチスロはなかなかいい趣味になり得るんじゃないでしょうか?

そんな私は生涯戦績マイナス、ウン百万だか…。

この投稿は2015年7月15日に公開されました。