パチスロは勝てるのか?

私は、パチンコに関しては中学生からやっていましたが…パチスロを始めたのは27歳の時に会社の先輩に勧められてからでした。

当時は4号機の全盛で、北斗と押す番がしのぎを削っていました。私は主に北斗の拳を打っていたのですが、当然のごとく初心者の私に勝てる台でもなく、連敗、連敗でした。

というか、パチスロで連勝した記憶はあまりなく、連敗したことの方が遥かに多いような気がします。でも、なんで打ってしまうのかと考えるとそれは、一番にはただ単純にパチスロは楽しいということに尽きるのではないでしょうか?

勝った時の喜びが大きい

では、何故楽しいのか?その理由の一つとしては負ける時があり、その負けた時の悔しさが勝った時の喜びを倍増させているんじゃないかと思うのです。

矛盾しているようですが、もし打つたびに勝っていたら次第に飽きてしまい、他の遊びへと流れていってしまうと思うのですが、負けるからこそ立ち回りを考えたり、ゾーン狙いをしてみたり、負けないように考えて、それがハマった時に満足感を感じられるんだと思うのです。

ハマりすぎは危ない遊びですが、自己責任で生活基盤を守った上でのパチスロはなかなかいい趣味になり得るんじゃないでしょうか?

そんな私は生涯戦績マイナス、ウン百万だか…。